「小1の壁」をどう乗り越えるか悩んでいます。

Facebook にシェア

「小1の壁」をどう乗り越えるか悩んでいます。3月31日までは、子どもを保育園で預かってもらえますが、4月1日から小学校入学式までの間はどこにも預けられる所がありません。また、入学式から給食が始まるまでの間は終業時間が早くなり、自分が会社から帰宅するまでの間、子どもの昼食や過ごす場所が心配です。   ☆—–★—–☆—–★—–☆—–★—–☆—–★—–☆—–★—–☆     横浜市では、全ての子どもたちにとって、安全で、快適な放課後の居場所づくりを推進しています。現在、「放課後キッズクラブ」「はまっ子ふれあいスクール」「放課後児童クラブ(学童保育)」があります。 市内の公立小学校では、「放課後キッズクラブ」か「はまっ子ふれあいスクール」のいずれかが必ず設置されています。また、横浜市では留守家庭児童の居場所をより充実するため、平成31年度までに「放課後キッズクラブ」を全ての小学校(341校)に開設する予定の模様です(平成26年時点の情報)。「放課後児童クラブ(学童保育)」は保護者と指導員の先生方が協力して運営をしているものが主流ですが、最近では民間企業が運営している施設もあり、保育だけでなく、英会話などの習い事も同施設で学べたり、夕飯を提供して貰えたり、更には送迎サービスがある施設もあります(別途費用必要)。  各施設により、受入可能時間、利用料、特色などがことなるため、小学校入学前、給食開始前の保育の可否も含め、直接施設に問合せのうえ、相談すると良いでしょう。また、各施設では入所説明会も実施されていますので、参加されると良いでしょう。 まずは、入学する小学校にどの放課後保育施設が設置されているか、最寄りの学童保育はどこかを調べることをお勧めします。     ■横浜市 放課後児童育成課:http://www.city.yokohama.lg.jp/kodoukago/houkago/   ■学童保育・放課後児童クラブ:http://pocket.hamamirai.info/category/cate/gakudou