ひとり親向けの「シェアハウス」や「ペアレンティングホーム」とはどのような住居ですか。

Facebook にシェア

<共通点>  いずれもラウンジ、リビングや水回りのキッチン、トイレ、バスは共有ですが、独立した部屋を使用できるという形態で、規模もさまざまです。 <シェアハウス>  主に趣味、国際交流、起業などのコンセプトごとになっています。中には年配者と子育て世代をコンセプトにした異世代シェアハウスもあります。 インターネットで情報を探したり、不動産会社で直接相談すると良いでしょう。 横浜市内には、以下のような子育てシェアハウスがあります(一部)。   ◆ウエル洋光台     HP:http://colish.net/concepts/305     Facebook:https://www.facebook.com/well.yokodai     ◆ALSOLEシングルマザー専用シェアハウス     http://alsole.kase88.com/ <ペアレンティングホーム>  保育、不動産、シェアハウスのそれぞれのプロフェッショナルが、それぞれの専門知識をもちよって協力しながら企画、運営をおこなっている「シングルマザー専用のシェアハウス」で、住環境から仕事も子育ても楽しく両立することをコンセプトにしています。      同じシングルマザーとして、子育ての仲間と出会えること、子どもたちが兄弟のような仲間に出会い生活することができます。そして、最も魅力的なのは、独自サービスである「チャイルドケア」です。特定曜日のみ専門家のチャイルドケアシッターが夕飯作りと子どもたちのケアをしてくれるので、その曜日だけは思い切り仕事ができます。 そのほか、入居後もさまざまな相談を受け付けているので、いざというときに安心です。    横浜市内には金沢文庫の1件しかなく、興味のある方はHPやfacebook等で空き情報を確認すると良いでしょう。   ◆ペアレンティングホーム     http://parentinghome.net/  いずれも、入居審査、賃料などさまざまですので、予め確認や見学をすると良いでしょう。