ハローワーク以外に就職をサポートしてくれる所はありませんか。

Facebook にシェア

ひとり親の求職者に対して就職サポート窓口として「横浜市母子寡婦福祉会」、再就職を目指す若者や女性のための「横浜市就職サポートセンター」そして、厚生労働省が実施している「求職者支援制度」があります。 それぞれ、サポートしてくれる内容が異なりますので、下記のホームページなどをご参照のうえ、ご自分に合った窓口で相談されることをお勧め致します。 (1)横浜市母子寡婦福祉会~横浜市母子家庭就業・自立支援センター    ひとり親の求職者に対しての仕事相談だけではなく、職業紹介所を開設しています。    (登録・紹介料無料)。また、横浜市からの委託を受け、就職をめざしたセミナーや    個別相談も受付けています。    ◆仕事の相談・職業紹介について      http://www.zaibosi.org/recruit/      http://pocket.hamamirai.info/11355    ◆セミナーについて      http://www.zaibosi.org/category/seminar/ (2)横浜市就職サポートセンター    特に若者や出産などを理由に再就職をめざす女性のための求職支援窓口で、横浜市が    平成26年4月に就職への初めの一歩として開設しました。自分にあった職種は何か    ということの相談、カウンセリングから、各求職者の必要に応じたセミナーや    インターンシップの提供、そして、就職後の定着支援までをトータルでサポートして    くれます。     インターンシップでは期間中に限り、日額2000円の支援金が10日間を限度に支給    されます。セミナーやインターンシップは応募要件などがありますので、    事前に説明会への参加や電話で問合せなどをすることをお勧めいたします。    ◆横浜市就職サポートセンター     http://wsy.city.yokohama.lg.jp/    ◆横浜市経済局雇用労働課     http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/koyo/kinshi/oshirase02.html? (3)求職者支援制度    こちらは、雇用保険受給期間に再就職先が決まらなかった人や、前職で雇用保険に    加入できなかった場合、雇用保険の加入期間が足りずに失業手当が受給できないなど、    雇用保険を受給できない人が、職業訓練を受けることで早期就職をめざす制度です。    受講料は無料です。    実施コースは多岐にわたり、     ・医療・調剤OA事務     ・OA事務     ・WEBショップクリエーター     ・WEBサイトクリエーター     ・経理総務事務     ・エステアロマネイル     ・ビル設備管理    などがあります。    毎月開講されますが、実施機関(民間機関含)によりコースの種類は異なる為、事前に    確認が必要です。    さらに、一定要件を満たすと受講期間中に「職業訓練受講給付金(10万円/月)」を    受給できます。詳しくは下記のホームページをご覧ください。    ◆求職者制度     http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/kyushokusha_shien/dl/kyusyokusya02.pdf    ◆厚生労働省 神奈川労働局     http://kanagawa-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/shokugyou_kunren/tetsuzuki/kyusyokusya-sien.html