病児保育室 星川小児クリニック病児保育室 animo

Share on Facebook

病児保育室アニモは、どこの先生がかかりつけ医であっても公平にご案内します

 相鉄線星川駅に隣接している病児保育室 animo。利用できる方は、生後6ヶ月~小学校6年生(横浜市内在住でなくても大丈夫です)、横浜市の指示により小学校3年生までの方を優先的に扱う場合があります。通常の外来で治療可能な病気。ただし麻疹(はしか)、流行性角結膜炎(はやり目)は対象外です。その他、病状によってはお預かりできないこともあります。
1才2か月以上の場合、麻疹のワクチン接種を済ませていることが必要です。animoはスペイン語で「元気でね」の意味。

animo-main


星川小児クリニック病児保育室 animoの詳細

住所 横浜市保土ヶ谷区星川2-4-1星川SFビル3F
最寄り駅 相鉄線星川駅に直結しています。2F改札口(南口)
営業時間 月曜日~金曜日 8:30~18:00 お休み 土日祝日 (星川小児クリニックの臨時休診日はお休み)
サービス 利用料 2000円(1日あたり)
主な付帯設備 オムツ替えスペース子供用トイレ
その他の付帯設備
ウェブサイト http://hoshikawa.or.tv/animo/top.html
電話番号 045-336-2264

この記事を書いた人

Mirai
憧れだった「はまみらいPOCKET編集部」の一員になれて、とても嬉しいです。
写真を撮ったり、文章を書くことが好きなので、旬な情報を皆さまにお届けできればと思っております。
心がちょっと疲れた時に「はまみらいPOCKETを見て元気になった!」と思って頂けるような、そんなサイト作りのお手伝いをしていきたいです。
どうぞよろしくお願い致します。

26年12月   東京大学大学院教授・松原隆一郎「思考の格闘技」のコンテンツ移設(はまみらいOJT)
27年~28年 「あそびい横浜」公園のサイトライター
28年3月    東急電鉄広報誌「HOTほっとTOKYU」4月号・桜ライティング
  -->