病児保育室 亀の子ハウス~子どもの急な発熱でも仕事が休めない時に~

Share on Facebook

医療機関併設型の病児保育室なので、子どもが病気の時でも安心して預けられる心強い施設

kamenokohouse1

スタッフの希望で保育室誕生
池部小児科の看護師・神津さんの「病気の子どもともっと深く関わりあいたい」という強い希望に、「地域の子育て支援になるのなら」と院長先生。 定員5人に看護師1人と保育士3人で、一人ひとり違う病状に合った対応をしてくれるありがたい病児保育室が誕生しました。1階の池部小児科と2階の病児保育室の連携はとてもスムーズ。医療機関併設型病児保育室なのでいつでも診察してもらえるため、具合の悪い我が子を預けなければならないという時でも安心です。
夜中や早朝の予約も携帯から自動受付システムでOK!急な発熱、休めない仕事、冠婚葬祭。いざという時のために事前登録がオススメです。

kamenokohouse_capture

写真は公式サイトより転載

利用の際も柔軟に対応  
「忙しくて事前登録がどうしても間に合わなかった」「送迎を家族以外の人に頼まなければならない」などのハプニングにも臨機応変に対応してもらえます。登録後の予約は携帯自動受付システムで確認でき、最も気になる日中の様子は、保育日誌で丁寧に報告してもらえるので心強い施設です。

利用者の声
熱のある子どもを預けて仕事へ行くのはとても不安でしたが、急いでお迎えに行くと日中の様子を細かく書き出しておいて下さり、朝預けていったお薬も飲ませてもらえ、安心して預けることができました。


病児保育室 亀の子ハウスの詳細

住所 横浜市瀬谷区三ツ境21-10サニーハイツ三ツ境203
最寄り駅 相鉄本線 三ツ境駅 徒歩約5分
営業時間 8:30~18:00(お迎えは~17:30)  お休み 土曜・日曜・祝日
池部小児科・アレルギー科の臨時休診日
サービス 減税対象世帯の割引料金有。 通常の外来で治療可能な病気。ただし麻疹(はしか)、流行性結膜炎(はやり目)などは対象外。 インフルエンザやその他伝染病については別室にて対応。 その他、病状によっては利用できないこともあり。
主な付帯設備
その他の付帯設備 詳しくはホームページなどでご確認ください
ウェブサイト http://www.ikebe-cac.com/kamenoko/index.html
電話番号 045-442-3715、(FAX)045-442-3715

この記事を書いた人

ぷりりん☆
ちょっぴり反抗期に入ったひとり息子と暮らすシングルマザー。
Web・DTP・ライターなどのテレワークの仕事をしつつ、週1ボクササイズでストレス発散をするというライフスタイルが定着。
離婚前からお世話になっているカウンセラーの先生から「心を整える」ことを教えて頂いたおかげで、現在は穏やかな生活を送っています。
「子どもにとって、ママの笑顔が1番!」
このサイトが、ひとり親の方々の助けになりますように。
  -->