子どもと遊べる場所 こども自然公園ー横浜の中でも最大級の面積を持つ通称「大池公園」

Share on Facebook

ちびっこ動物園、とりでの森、青少年野外活動センター、バーベキュー広場、野球場、教育水田など、数多くの施設が整っています

旭区の夏のイベント「旭ジャズまつり」など、ビッグイベントの会場になることも多いこども自然公園(通称 大池公園)は、よこはま動物園ズーラシアと並んで、旭区のシンボルでもあります。この公園で最大の特徴は、豊富な自然と広大な敷地、そして子供から大人まで誰もが1日中楽しめる充実した施設です。面積が45.5ヘクタールあり、子どもの遊び場として「こども動物園」、「とりでの森(アスレチック)」、ピクニック広場などの施設があるのでリクリエーションに最適です。園内の「万騎が原ちびっこ動物園」ではコンタクトコーナー(ふれあい広場)を設け、モルモットやハツカネズミなどの小動物と触れあいながら学習できる場を提供しています。特に人気なのが、「とりでの森」でアスレチックの要素をたくさん盛り込んだ大型遊具で、冒険気分で思いっきり遊ぶことができます。

ooike-kouyou

バードウォッチングやお散歩で、1日のんびり過ごすのもいいですね。夏にはゲンジボタルを見ることもできます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

平成20年5月にリニューアルされた「とりでの森」。トランポリンやネットクライミング、ロッククライミング、人気のロングすべり台など本格遊具がそろっています。(画像は公式サイトより転載)

 


こども自然公園の詳細

住所 神奈川県横浜市旭区大池町65-1
最寄り駅 相鉄線「二俣川」駅南口下車徒歩20分
営業時間 24時間 お休み 特になし
サービス 駐車料金 2時間300円 以降20分:50円
主な付帯設備 オムツ替えスペース多目的トイレ駐車場ベビーカー置き場
その他の付帯設備
ウェブサイト http://www.city.yokohama.lg.jp/asahi/guide/shisetsu/midori/park/kodomoshizen/
電話番号 (045)311-2016

この記事を書いた人

Mirai
憧れだった「はまみらいPOCKET編集部」の一員になれて、とても嬉しいです。
写真を撮ったり、文章を書くことが好きなので、旬な情報を皆さまにお届けできればと思っております。
心がちょっと疲れた時に「はまみらいPOCKETを見て元気になった!」と思って頂けるような、そんなサイト作りのお手伝いをしていきたいです。
どうぞよろしくお願い致します。

26年12月   東京大学大学院教授・松原隆一郎「思考の格闘技」のコンテンツ移設(はまみらいOJT)
27年~28年 「あそびい横浜」公園のサイトライター
28年3月    東急電鉄広報誌「HOTほっとTOKYU」4月号・桜ライティング
  -->